ノンタンシリーズ

昔、子供の頃に大好きだった絵本にノンタンシリーズがあります。

ノンタンはかなり幼かった頃から大好きで、大きくなってもずっと子供部屋の本棚に並んでいました。自分が好きだった絵本や、一緒に育った絵本はやはり子供たちにも親しんでもらいたい、ということから、子供たちにもノンタンシリーズの絵本を読んであげることにしました。娘は絵本を読んでもらうのが大好きな年齢で、好きな絵本は自分から持ってきて呼んでくれと頼んできます。

お兄ちゃんの方は、ひらがなの勉強も進んでいるので、読んであげるだけでなく、簡単な文章なので自分でノンタンが読めるようになったら良いなあと思っています。こどもちゃ○んじでひらがなの勉強を続けているのですが、やはりこちらは日本に住んでいる子供たちが対象となっているので、日本語に親しむ機会の少ないここでは足りない部分があるようです。

なので、最近はひらがな50音、どこまでわかっているのか確認するために、ひらがなカードを使って知っている文字の確認をしています。こどもちゃ○んじでは、ひらがなは全部わかっているのが前提でワークが進んでおり、最近は本格的にカタカナの勉強も始まっています。なので、ひらがなの中に、まだわかる文字とわからない文字がある息子は、遅れをとっているように感じてしまいます。

最終的な目標は、ぜいたくを言えば日本語の読み書きができるようになることなので、急ぐ必要はないのですが、ここで後れを取ると、こどもちゃ○んじで日本語の勉強を続けていく場合は、あとでついていけなくなってしまうのではないかと思ってしまいます。8月も後半、もう少ししたら9月、9月になると学校も始まってしまうので、その前にひらがな50音を確認することを目標に進めてみようと思います。

ひらがなカード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website