日本でのバイリンガル教育 学校編

最近では、日本でも「バイリンガル教育」に注目が集まるようになり、様々な幼稚園で英語教育を取り入れたりしているようです。幼稚園の時から生の英語に触れることで、第2言語として英語を習得することができ、そのスタートを切ることができるのです。こうして幼稚園時代に身に着けた英語力ですが、小学校に入ってからどうやってこれを維持するか?というのが日本でのバイリンガル教育の難関になってきます。

英語を第2言語として維持するためには、幼稚園で習得した英語力を元に、小学校で算数などの科目もすべて英語で勉強する必要があるのです。こうすることで、英語を第2言語として確実に身に着けることができるのですが、実際には英語で全ての科目を教えているという小学校は非常に少ないのです。

日本では、バイリンガル教育を目指す家庭では、学校が終わってから「習い事」として子供英会話教室に通わせているところも多いようです。

海外(英語圏)に住むと、幼稚園時代までは家庭で過ごす時間も多いので日本語を習得することができるのですが、小学校にあがると、学校での言語は全て英語になることから、日本語の維持が難しくなっています。我が家も、日本語の向上はもってのほか、日本語の現状維持を目指しています。

バイリンガル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website