どこでもバイリンガル教育

先日、日本の友達から送られてきた写真を見ていて、ひとつおもしろいことに気づきました。

それは、日本に住む友達の家には、ABC表が貼ってあるのです。それとは逆に、英語圏に住む我が家にはあいうえお表が貼ってあります。日本では英語を教え、英語圏の日本人家庭の家には、日本語維持のために大抵あいうえお表が貼ってあるのです。

英語圏に住むようになってから、子供たちは現地の学校に行くようになり、みるみるうちに英語が上達しています。しかし、それと同時に、みるみるうちに日本語が消えてしまっているのです。特に文字は、意識して時間を作って教えていかないと、英語圏では英語しか目に入らないのでひらがなを覚えるのも一苦労なのです。そういったことを考えると、英語教育が豊富にある日本の方が、英語と日本語のバイリンガル教育はしやすいのかもしれません。

日本語は、自然に覚えていけばあまり難しいことなく習得していくことができますが、いざ教えようとすると、説明のつかないことが沢山あり、言語的には英語より日本語の方が難しいのではないかと思います。

2言語での子育ては、難しいのはやはりバランスのような気がします。

ABC

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website