トマトが青いが難しい話

日本語では、まだ熟していないトマトのことを「青い」と言います。実際には緑なのですが、なぜか日本語では「青い」と言います。また、信号の色も、「青信号」。でも、実際によくよく見てみると、実は青ではなく、緑色なのです。それでもなぜか日本語では「青信号」と言います。

この、日本語で緑色のことを「青い」というのが、海外で育つ子供にとっては理解が難しいようです。日本で暮らしていれば当たり前のように使っている言葉で、周りも同じように「青いトマト」や「青信号」というので、疑問を持つことなく受け入れることができるのかもしれません。私も日本で疑問を持つことがなく育ったので、この説明がどうにも難しいところなのです。

また、色のことだけでなく、日本語ではまだまだ未熟な人のことを、「お前はまだまだ青いな」って言うこともありますよね。これは、子供たちにとっては「僕は青くないけど?肌色だよ?」って言われたりします。

現地の人と英語で話している時にも、うっかり青信号のことを”Blue light”と言ってしまうことがあるのですが、そんな時には、「え、あれは緑だよ?色見えてるよね?」と心配されることがあります。そんな時には、時間がある時には、日本語ではあれは「青信号」なんだとうことを説明するのですが、なぜかと聞かれると説明につまづきます。

子供たちには、ここでは信号の色は緑だから「緑」って言うけど、日本に行ったら「青信号」って言うんだよ、と教えています。

どうして「緑」のことを「青」というのか、私でも時々疑問に思うようになってきました。

青いトマト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website