海外で使える日本語教材

海外で子育てをする中で、譲らずに頑張っているのが子供たちの日本語教育です。海外で生活するのであれば、英語だけでも良いのかもしれませんが、時々日本に帰った時に日本にいる家族と日本語できちんと会話ができるようにということ、日本の文化を背景に持つ子供たちとして、やはり日本語がわかるようにしておきたいと思っています。

海外生活の中でも、日本語を教える手立ては幾つもあります。まずは子供が生まれたら、ひたすら日本語で話しかけること。母親が日本人の場合は、どんなことがあっても母親は常に日本語で子供に話しかけることが大切だそうです。そして、えんぴつやくれよんを持つようになったら少しずつプリントなどのワークを始めていきます。

うちがこれまで使ってきた教材は、日本から取り寄せるこどもちゃ●んじがメインですが、それ以外にも、七田のプ●ントにも興味を持っています。また、毎年日本に帰る場合には、書店などからひらがなのワークを買ってくると、教材にかかる費用を抑えることができます。

海外で使う日本語教材の中でも最も安価にできるのが、オンラインで見つけるフリーダウンロードのプリントです。ひらがなだけでなく、運筆力を強くするための迷路や線引きなどのワークもあります。毎日楽しく取り組むことが大切で、兄弟がいると、子供たちが一緒に楽しんで取り組むことができます。お兄ちゃんの方は習慣づけをする必要があったのですが、産まれた時からお兄ちゃんの姿を見ている妹の方は、いつの間にかちゃっかり参加しています笑。

これからどの教材を続けていくか今は迷っているのですが、少しでも日本の語学力を上げてあげられればと思っています。

日本語教材

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website