海外での仕事事情

海外で暮らしていると、日本でこれまでしてきた仕事とはかけ離れて新しい分野の仕事を始める人や、日本での仕事経験や資格を生かして仕事をするという人もいます。海外に出てくると、日本で取得した資格をそのままこちらで使うことができないので、同じ業種の職業に就く場合でも、新たに学校に通って資格を取る必要があったり、また、Credentialといって、必要とされる手続きをとることで日本の資格を海外で使えるものに書き換えることもできます。

ただし、Credentialできる資格と、できない資格があるので注意が必要です。海外に出てきて日本でしてきた職業と同じ職業に就くことのメリットは、これまで積み上げてきた経験を生かすことができること、そして、また日本に戻った時には海外で同じ職業に就いた経験を積んでいるので、日本ではできない経験をもって同じ現場に戻ることができます。

そのため、日本で働いていた時だけでは見えなかった部分や、身に着けることのできなかったスキルや考え方を得て、さらに活躍の場を広げることができます。こちらで子供たちが仲良くしてもらっている日本人のお友達のひとりが、年末に日本に帰国することになりました。彼女は日本でずっと薬剤師をしていたのですが、旦那さんの転勤が長くなるだろうということから、家族みんなで海外へと出てきました。最低5年と言われていたので、こちらでは日本でしていた薬剤師を離れて、別の仕事をしていました。

しかし、3年の転勤で日本に帰国することになり、日本に帰国したらまた薬剤師の仕事に戻ろうと考えているそうです。私は日本では福祉系の仕事をしていたので薬剤師とは少し異なりますが、日本に戻って仕事復帰する場に気になるのは、これまでのブランク。その友達は3年のブランクを乗り越えて仕事復帰しなくてはいけません。ブランクは気になりますが、最近は様々な理由で離職して、そしてまた仕事復帰をしたり、転職をする人も増えているようで、薬剤師の比較ランキングサイトを見てみたら、有力な転職情報が幾つも紹介されていました。友だちとこちらで過ごせるのは3か月あまり。これからの時間を大切にしていきたいと思います。

ハーブティー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website