バイリンガル教育と脳の発達

日本だけでなく、海外でも進められているバイリンガル教育は、言語を習得するだけでなく、脳の発達を促すことから小さい時から2言語で育てると良いと言われています。

乳幼児期から2言語以上の環境で育った子供の脳は、1言語で育った子供の脳とは、構造が異なってくるのです。また、1言語のみで育った場合には、大人になってから新しい言語を習得するのが難しいものですが、2言語以上で育った人の脳は、あとから新しい言語を学ぼうとした時に、比較的簡単に新しい言語を習得することができるのです。そうはいっても、新しい言語を習得するためには、努力も必要となります。

そんなことから、世界各国にて、バイリンガル教育や多言語教育が進められているのです。日本では、基本的な言語は日本語となりますが、国によっては、ひとつの国で複数の言語が使われてるところもあり、あえて複数の言語を教えなくても、産まれた時から当たり前のように多言語の環境で育っているという人も世界の中にはいます。

それでは、バイリンガル教育や多言語教育はどのように進めていったら良いのでしょうか?海外に住んでいる場合には、現地での言語と日本語で育てることで、脳の発達を促すことができます。ただし、日本で生活している場合には、意識して別の言語を聞かせないことには、多言語の環境を作るのが難しいのが現実です。

バイリンガル教育や多言語教育は、お母さんが話す母国語に加えて、小さい時から別の言語を沢山「聞かせる」ことが必要となってきます。赤ちゃんや子供は、新しいものや環境を取り巻いているものをあっという間に習得していきます。つまり、多言語教育をするのであれば、歌や絵本などを通して、複数の言語を聞かせながら育てると良いのです。

脳みそ