日本語 -文字の勉強ー

ちょっと前に申し込んだこどもちゃ●んじの小学講座。今はお兄ちゃんは日本では年長さんなのですが、早くも来年度の申し込みが始まり、申し込みをしました。早くに申し込むと7月下旬から8月下旬に4月号の付録の一部が届きました。

しょうがくこうざ

これまでの付録は悪くはないけれど、すぐにあきたり、あまりひらがなやカタカナの勉強につながらないなと思うところがあったのですが、今回のは大ヒットでした。まだ新しいからということもありますが、夢中になって使っています。これまで、カタカナはおろか、ひらがなの読みも危ういところがあったのですが、今回のおもちゃでかなりできるようになりました。

しかも、ひらがなだけでなく、カタカナまでできるようになってきたので驚いています。勉強することが楽しくなったようで、自分から付録のワークもするようになりました。海外に住んでいることから、日本にいる同じ学年のお友達よりもどうしても日本語のレベルが足りない部分もあるので、ワークをする時には一緒に取り組んであげないといけない部分もあるのですが、それでもワークを楽しんで取り組むことができるようになったのは大成長です。

子供たちの日本語は、最低限日本語で問題会話ができること、そしてもしできれば読み書きもできればとオプション程度に考えていたのですが、このまま続けていけば日本に住んでいる子供たちからは遅れをとっても、何とかやっていけそうです。そして英語の方は、夏休みに入ってから日本語が順調なのですが、その分英語は下り気味です。

学校がやすみで家で過ごす時間が増えると日本語での会話の時間が増えるので、日本語が上達するのですが、その間どうしても英語が劣ってしまいます。ちょっと心配なのは、英語のリーディングのスキルがすでに落ちていること。ずっと昔、私自身が1年生のとき、夏休み遊んで暮らしていたら、9月の2学期が始まった時にひらがなが書けなくなってしまったことがあるのと同じような感じかもしれません。それでもまあ大丈夫だったので息子も9月から学校が始まればまた大丈夫だと思うのですが、学校に行っていた時と同じように、1日1冊リーディングをする時間を作るようにしてみようと思います。バイリンガル教育の一番難しいところは、バランス、ですね。