どこでもバイリンガル教育

先日、日本の友達から送られてきた写真を見ていて、ひとつおもしろいことに気づきました。

それは、日本に住む友達の家には、ABC表が貼ってあるのです。それとは逆に、英語圏に住む我が家にはあいうえお表が貼ってあります。日本では英語を教え、英語圏の日本人家庭の家には、日本語維持のために大抵あいうえお表が貼ってあるのです。

英語圏に住むようになってから、子供たちは現地の学校に行くようになり、みるみるうちに英語が上達しています。しかし、それと同時に、みるみるうちに日本語が消えてしまっているのです。特に文字は、意識して時間を作って教えていかないと、英語圏では英語しか目に入らないのでひらがなを覚えるのも一苦労なのです。そういったことを考えると、英語教育が豊富にある日本の方が、英語と日本語のバイリンガル教育はしやすいのかもしれません。

日本語は、自然に覚えていけばあまり難しいことなく習得していくことができますが、いざ教えようとすると、説明のつかないことが沢山あり、言語的には英語より日本語の方が難しいのではないかと思います。

2言語での子育ては、難しいのはやはりバランスのような気がします。

ABC

そもそもバイリンガル教育とは

海外(英語圏)にて生活をするにあたり、母国語である日本語を忘れないようにということと、日本に行っても問題なく日本語を使うことができるようにと、子供たちにはバイリンガル教育ということで、英語の学校の勉強もやりながら、家では日本語での勉強も進めています。

そんな中で、そもそもバイリンガル教育とはどんなものなのか、ちょっと調べてみました。

人は、誰にでも最初に覚えた言語、第一言語を持っています。バイリンガル教育とは、この第一言語ではなく、その後に覚えた言語、第二言語を使って教育を進めることなのだそうです。例えば、日本で英語と日本語のバイリンガル教育を進めるには、これまで育ってきた日本語ではなく、英語などの第二言語を使って教育を進めていくことで第二言語を上達させ、バイリンガルへと導いていくそうです。

カナダでも、私たちが住んでいる地域では英語が基本的に話されていますが、学校のフレンチクラスでは、英語は使わずにクラスの中ではフレンチを話し、学校の勉強も英語ではなく、フレンチを使って教育が進められています。大人との会話も、バイリンガル教育を始めてからは、できるだけ第二言語を使って会話もするようにすることで、第二言語のスキルを向上させていくことができるようです。

英語圏の学校に行っているうちの子供たちは、英語が第二言語になりますが、学校で英語を話して勉強していると日本語を忘れるようなので、学校では英語、家に帰ったら日本語を徹底して、日本語の維持を試みています。

ABC