友だちの交通事故

先日、友達の子供(小学生)が交通事故にあってしまいました。

自転車に乗っていて、お母さんも一緒に外出していたようなのですが、歩行者の信号が青になったところでお母さんより先に自転車で渡ろうとしたところ、曲がってきた車とぶつかってしまったそうです。幸い大事にはいたらず、大けがにはならなかったのですが、精神的なダメージをかなり受けてしまったようです。体の外傷がかなり軽かったことから、今は退院して自宅療養中なのですが、今はまだ全てのものが怖くて外に出ることができないそうです。

来週からは学校も始まるのでさらに心配なところです。うちの子供たちもよく一緒に遊んでもらったり、いろいろとお世話になっているので、お見舞いがてら子供たちと顔を出しに行ってみたのですが、あまり遊べるような状態ではありませんでした。お母さんは、とりあえず軽い外傷で済んだので落ち着いていますが、子供の方は、自分は信号が青になったから渡ったのに、どうして事故にあったのか、という疑問が解けずに悩んでいるようです。信号が青だったらわたっても安全なはず、と、これまで思っていたのに、今回は信号が青だったのに渡ったら車とぶつかってしまった。これが彼の中で渦を巻いているようで、信号が青でも信じられない、外に出て、安全に道を歩くためには何を信じたら良いのかわからない、といった状態のようです。

子供たちを連れていけば楽しく遊んで気がまぎれるのではないかとも思ったのですが、今はまだ事故から間もないこともあり、まだ外の世界に触れるには時間がかかりそうな様子でした。友だちも目の前で子供が車とぶつかる瞬間を見てしまっているので、いくら大けがに至らなかったとはいえ、やはり心配なところです。交通事故に遭ってしまったお友達は、うちの子供たちよりもちょっと年上で、日本語の会話も読み書きもいつも教えてもらっていました。うちの子供たちは、お友達が日本語を読んでいる姿を見て、自分たちも日本語をやりたい、というくらい、やる気をもらっていました。子供たちも、けがはなかったと知っているものの、遊ぶことができなかったのでやはり心配しています。

机の上の絵本

ノンタンシリーズ

昔、子供の頃に大好きだった絵本にノンタンシリーズがあります。

ノンタンはかなり幼かった頃から大好きで、大きくなってもずっと子供部屋の本棚に並んでいました。自分が好きだった絵本や、一緒に育った絵本はやはり子供たちにも親しんでもらいたい、ということから、子供たちにもノンタンシリーズの絵本を読んであげることにしました。娘は絵本を読んでもらうのが大好きな年齢で、好きな絵本は自分から持ってきて呼んでくれと頼んできます。

お兄ちゃんの方は、ひらがなの勉強も進んでいるので、読んであげるだけでなく、簡単な文章なので自分でノンタンが読めるようになったら良いなあと思っています。こどもちゃ○んじでひらがなの勉強を続けているのですが、やはりこちらは日本に住んでいる子供たちが対象となっているので、日本語に親しむ機会の少ないここでは足りない部分があるようです。

なので、最近はひらがな50音、どこまでわかっているのか確認するために、ひらがなカードを使って知っている文字の確認をしています。こどもちゃ○んじでは、ひらがなは全部わかっているのが前提でワークが進んでおり、最近は本格的にカタカナの勉強も始まっています。なので、ひらがなの中に、まだわかる文字とわからない文字がある息子は、遅れをとっているように感じてしまいます。

最終的な目標は、ぜいたくを言えば日本語の読み書きができるようになることなので、急ぐ必要はないのですが、ここで後れを取ると、こどもちゃ○んじで日本語の勉強を続けていく場合は、あとでついていけなくなってしまうのではないかと思ってしまいます。8月も後半、もう少ししたら9月、9月になると学校も始まってしまうので、その前にひらがな50音を確認することを目標に進めてみようと思います。

ひらがなカード

ベビーシャワーへ

1か月ほど前に女の子を出産したお友達のところにベビーシャワーに行ってきました。

日本では友達や知り合いが出産すると、出産祝いを送ります。こちらでは、日本のような出産祝いはないのですが、赤ちゃんが生まれる前、もしくは生まれてすぐにベビーシャワーというものをします。ベビーシャワーには、多くの友達や家族、親せきが集まり、赤ちゃんが生まれたこと、またはこれから生まれてくることをお祝いします。

そして、ベビーシャワーには、お祝いのギフトを持っていくのです。このギフトは自分で選んで持っていくこともできますが、多くの人がお気に入りのお店でベビーレジストリをし、お祝いにほしいもののリストを作ることができるのです。なので、ベビーシャワーでは、希望しているお店に足を運んだり、オンラインでチェックして、リストの中にあるものからプレゼントを選ぶことで、相手に必要な品物を選ぶことができるのです。

誰かがすでに購入したものはリストから消えていくので、誰かとかぶってしまう心配もありません。私も出産した時にはこのベビーシャワーをしてもらったのですが、ベビーレジストリで品物を選ぶのはなかなか楽しいものなのです。買う人のことを考えると安価のもので数を増やしたり、複数の人でひとつの品物を買いたいという人もいるので、ちょっと高価なものも混ぜておきます。出産のお祝いにはいろいろなものが思い浮かびますが、こうしてほしいものがもらえること、そして上げる側も、本人が必要としているものを贈ることができるので嬉しいものなのです。今日は生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこさせてもらい、ほんわかした気持ちになった一日でした。

写真のケーキはダイパーケーキと言って、なんとおむつで作られたケーキです。もちろんダイパーケーキの他に食べるためのケーキもあったのですが、こうしてダイパーでケーキを作ってデコレーションを楽しむこともあります。後々ダイパー(おむつ)を使うことができるのが嬉しいものなのです。

diaper cakes