言語は記号

バイリンガル教育を進める中で、難しいのがやはり日本語の維持となっています。

日本で生活をしてバイリンガルを目指す場合には、日本語は大丈夫でも英語を頑張る必要があります。そして、英語圏に住んで日本語とのバイリンガルを目指す場合には、どうしても日本語をキープするのが難しくなってくるのです。お兄ちゃんも、小さかった時には私との時間が多かったので英語よりも日本語の方が上手だったこともあるのですが、学校に行くようになってからは私との時間も減り、またプレイデートをしてお友達と遊ぶと日本語を使うのは朝学校に行く前と夜だけになってしまいます。

そうこうしている中で、バイリンガル教育について調べてみました。そこで見つけたのが、「言語は記号である」ということです。子供は、お母さんから発信される言語を「記号」としてとらえており、いつも日本語で話しかけてくるお母さんには「日本語」で返事をします。そして、いつも英語で話しかけてくるお父さんには、「英語」で返事をします。しかしこれが、一人の人から2言語が発信されると子供は混乱し、「言語の記号」の使い分けが難しくなってしまうのです。例えば、お母さんが子供に家で話しかけるときは日本語だけど、外出先では英語で話しかけた場合。お母さんから発信される「記号」が場所によって変わることになります。

つまり、一人の人から2つの記号が発信されるとういことなのです。これが言語の混乱にもつながるそうで、この混乱がバイリンガル教育の行き詰まりにもつながるそうなのです。確かにうちも、家や子供とふたりの時には日本語で話しかけていますが、学校や友達が着ている時には周りにわからないと失礼だと思い、英語を話していました。これがお兄ちゃんの日本語が減ってきている原因のひとつのような気がします。かといって、日本語がわからない人の前で日本語を話すのは何となく悪いような気がして、どうしたら良いのか迷うところです。

ひらがなパズル

あさえとちいさいいもうと

自分が子供だった頃に好きだった絵本に、「あさえとちいさいいもうと」という絵本があります。

 

あさえとちいさいいもうと

これも、「もりのかくれんぼう」と一緒に実家から送ってもらいました。

私には年の離れた妹がいたので、「いもうと」が登場する絵本は特に好きでした。絵本を読みながら、自分もこういうおねえさんになりたい、というような理想を抱いていたのかもしれません。「あさえとちいさいいもうと」は、当時小学生だった私は妹によく読んであげていた覚えがあります。そして、絵本の中でふたりの姉妹がチョークで電車の線路を描くのを真似して、妹と一緒に線路を描いて遊んだりもしました。

絵本の中のように迷子にはなりませんでしたが、さすがにそこは真似するところではないですね。自分が読んで育ってきた絵本を、自分の子供にも読んであげられることがまた嬉しいです。子供たちの言語は、やはりこちらでの生活の基本が英語なので、どうしても英語が前に出てきてしまいがちなのですが、やはり日本語も覚えられるようにできる限りのことをしてげたいと思っています。中には、日本語を教えても将来必要ないだろうから、英語だけで良い、という人もいるようですが、例え将来日本語を使う仕事につかなくても、日本人の母親から生まれてきた子供として、日本語や、日本の文化など、母親の文化として知っておいてもらいたいのです。

また、日本人以外でも、他の国のお母さんから生まれた人のなかには、英語だけでなく、親の言語も教えてもらいたかったという人がいます。そういう話を聞くと、やっぱり今のうちにできることをして、子供たちに日本語を維持してもらいたいと思います。それと、もし子供たちが将来自分で日本に行きたいと思った時に、日本語が話せたらそのたびもより楽しいものになるんじゃないかと思うのです。読み書きは、会話よりもさらに難しい部分がありますが、何とかゆっくりでも教えていけたらと思います。

もりのかくれんぼう

昔、私が子供だった頃に好きな絵本がありました。

絵本のタイトルは「森のかくれんぼう」。

もりのかくれんぼう

街中で、かくれんぼうをして遊んでいる間に不思議な森の中に迷い込み、“かくれんぼう”に出会うお話です。絵の中にはその“かくれんぼう”が隠れていて、妹と一緒に読みながらかくれんぼう探しを楽しみました。自分が好きだった絵本を自分の子供にも読んであげたくて、実家から森のかくれんぼうを送ってもらいました。次に日本に行った時まで待っても良かったのですが、ちょうど他にも送ってもらうものがあったのと、ちょうど電話で話したところ絵本もすぐに見つかったというので、一緒に送ってもらうことができました。

海外に住みながら日本語を維持するためには、意識をして日本語を使う時間や触れ合う機会を作らなくてはいけません。そのためには、日本語の絵本はとても良い素材なのです。ストーリーを楽しみながら、普段の生活の中だけでは聞くことのない言葉も耳にすることができます。そして、何度も聞くことで、その言葉の意味をさらによく理解して、自分でも使いこなすことができるようになるのです。

絵本は、子供たちにたくさんのことを教えてくれます。ストーリーを聞いてわくわくしたり、楽しい気持ちになったり、新しい言葉を覚えたり、物事のルールなども絵本から学ぶこともできます。絵を見て、アートを楽しむこともできます。そして、我が家では、私が読んであげる英語は日本語のものだけと決めています。少しでも日本語に触れて、日本語を維持してもえらいたいので。いつか子供たちが私なしで日本に旅行した時に、日本で問題なく日本語を使うことができるようになるくらい、日本語を維持させてあげたいです。

1日1文字 ひらがななぞり書き

子供たちの日本語は、しまじろうのお世話にもなっていますが、海外だとどうしても日本語を目にする機会も少なく、それだけでは足りない感じがしています。
ひらがなも、知っているものと、知らないものがある今現在。まずはひらがなをきちんと教えよう、ということで、1日1文字ひらがなのプリントをしていくことにしました。ひらがなの教え方について調べてみたら、文字の学習は、読みから教えて、その後で書くことを教えるのが良いという人と、まずは沢山書かせてから読みを教えるのが良いという人がいるようです。

どちらをとるか考えたのですが、まずは書かせてから読みを教える方向で行ってみようと思います。読めなくても、なぞり書きを沢山することで、ひらがなの形を覚えることができます。形を覚えたら、読みにも入っていきやすいのではないかと思うのです。書きながら一緒に読みも覚えられるかもしれません。

おにいちゃんは、迷路のようなプリントも昔から好きでよくやっていたので、読みを教えられるよりも、えんぴつをもって、ひらがなをなぞる方が楽しいようです。娘は、なぞり書きをしているお兄ちゃんを見て、自分も同じことがしようと、隣に座ってお絵かきを楽しんでいます。お兄ちゃんは妹にやきもちを焼くようなことはあまりなく落ち着いているのですが、娘は1歳をすぎたころから、なんでもお兄ちゃんと一緒でないと気が済まないようです。

お兄ちゃんは、初めてチョコレートを食べたのは3歳だったのですが、2番目となるとそうはいかず、すでにチョコレートも経験済みです。でもその代り、二人目はお兄ちゃんの影響もあって経験値が高いので、なんでもできるようになるのが早いような気がします。

なぞり書き