バイリンガル教育と脳の発達

日本だけでなく、海外でも進められているバイリンガル教育は、言語を習得するだけでなく、脳の発達を促すことから小さい時から2言語で育てると良いと言われています。

乳幼児期から2言語以上の環境で育った子供の脳は、1言語で育った子供の脳とは、構造が異なってくるのです。また、1言語のみで育った場合には、大人になってから新しい言語を習得するのが難しいものですが、2言語以上で育った人の脳は、あとから新しい言語を学ぼうとした時に、比較的簡単に新しい言語を習得することができるのです。そうはいっても、新しい言語を習得するためには、努力も必要となります。

そんなことから、世界各国にて、バイリンガル教育や多言語教育が進められているのです。日本では、基本的な言語は日本語となりますが、国によっては、ひとつの国で複数の言語が使われてるところもあり、あえて複数の言語を教えなくても、産まれた時から当たり前のように多言語の環境で育っているという人も世界の中にはいます。

それでは、バイリンガル教育や多言語教育はどのように進めていったら良いのでしょうか?海外に住んでいる場合には、現地での言語と日本語で育てることで、脳の発達を促すことができます。ただし、日本で生活している場合には、意識して別の言語を聞かせないことには、多言語の環境を作るのが難しいのが現実です。

バイリンガル教育や多言語教育は、お母さんが話す母国語に加えて、小さい時から別の言語を沢山「聞かせる」ことが必要となってきます。赤ちゃんや子供は、新しいものや環境を取り巻いているものをあっという間に習得していきます。つまり、多言語教育をするのであれば、歌や絵本などを通して、複数の言語を聞かせながら育てると良いのです。

脳みそ

 

日本でのバイリンガル教育 学校編

最近では、日本でも「バイリンガル教育」に注目が集まるようになり、様々な幼稚園で英語教育を取り入れたりしているようです。幼稚園の時から生の英語に触れることで、第2言語として英語を習得することができ、そのスタートを切ることができるのです。こうして幼稚園時代に身に着けた英語力ですが、小学校に入ってからどうやってこれを維持するか?というのが日本でのバイリンガル教育の難関になってきます。

英語を第2言語として維持するためには、幼稚園で習得した英語力を元に、小学校で算数などの科目もすべて英語で勉強する必要があるのです。こうすることで、英語を第2言語として確実に身に着けることができるのですが、実際には英語で全ての科目を教えているという小学校は非常に少ないのです。

日本では、バイリンガル教育を目指す家庭では、学校が終わってから「習い事」として子供英会話教室に通わせているところも多いようです。

海外(英語圏)に住むと、幼稚園時代までは家庭で過ごす時間も多いので日本語を習得することができるのですが、小学校にあがると、学校での言語は全て英語になることから、日本語の維持が難しくなっています。我が家も、日本語の向上はもってのほか、日本語の現状維持を目指しています。

バイリンガル

どこでもバイリンガル教育

先日、日本の友達から送られてきた写真を見ていて、ひとつおもしろいことに気づきました。

それは、日本に住む友達の家には、ABC表が貼ってあるのです。それとは逆に、英語圏に住む我が家にはあいうえお表が貼ってあります。日本では英語を教え、英語圏の日本人家庭の家には、日本語維持のために大抵あいうえお表が貼ってあるのです。

英語圏に住むようになってから、子供たちは現地の学校に行くようになり、みるみるうちに英語が上達しています。しかし、それと同時に、みるみるうちに日本語が消えてしまっているのです。特に文字は、意識して時間を作って教えていかないと、英語圏では英語しか目に入らないのでひらがなを覚えるのも一苦労なのです。そういったことを考えると、英語教育が豊富にある日本の方が、英語と日本語のバイリンガル教育はしやすいのかもしれません。

日本語は、自然に覚えていけばあまり難しいことなく習得していくことができますが、いざ教えようとすると、説明のつかないことが沢山あり、言語的には英語より日本語の方が難しいのではないかと思います。

2言語での子育ては、難しいのはやはりバランスのような気がします。

ABC

そもそもバイリンガル教育とは

海外(英語圏)にて生活をするにあたり、母国語である日本語を忘れないようにということと、日本に行っても問題なく日本語を使うことができるようにと、子供たちにはバイリンガル教育ということで、英語の学校の勉強もやりながら、家では日本語での勉強も進めています。

そんな中で、そもそもバイリンガル教育とはどんなものなのか、ちょっと調べてみました。

人は、誰にでも最初に覚えた言語、第一言語を持っています。バイリンガル教育とは、この第一言語ではなく、その後に覚えた言語、第二言語を使って教育を進めることなのだそうです。例えば、日本で英語と日本語のバイリンガル教育を進めるには、これまで育ってきた日本語ではなく、英語などの第二言語を使って教育を進めていくことで第二言語を上達させ、バイリンガルへと導いていくそうです。

カナダでも、私たちが住んでいる地域では英語が基本的に話されていますが、学校のフレンチクラスでは、英語は使わずにクラスの中ではフレンチを話し、学校の勉強も英語ではなく、フレンチを使って教育が進められています。大人との会話も、バイリンガル教育を始めてからは、できるだけ第二言語を使って会話もするようにすることで、第二言語のスキルを向上させていくことができるようです。

英語圏の学校に行っているうちの子供たちは、英語が第二言語になりますが、学校で英語を話して勉強していると日本語を忘れるようなので、学校では英語、家に帰ったら日本語を徹底して、日本語の維持を試みています。

ABC

英語なまりの日本語

冬休みに入り、約1週間がたちました。いつもそうなのですが、冬休みや春休み、夏休みに入ると、お兄ちゃんの日本語が上手になります。学校に行っている時は1日学校で英語を話しているので、家に買ってきてから日本語に切り替えるというのが難しいようで、家でも英語に傾きがちでした。

そうこうしているうちに、いつの間にか昔はちゃんと言えてた日本語の言葉が思うように出てこなくなったり、思いっきり英語なまりが出てしまったりするようになっているのがここ最近の状況です。英語なまりは、昔はなかったのに最近出てきたので初めて聞いた時にはびっくりしたというか、笑ってしまいました。

小さかった時にはちゃんと「こんにちは」って言えていたのに、最近では日本語で挨拶しようとすると「コンニチハ」って、英語なまりになります。それを聞いている妹は、思いっきり自然に英語なまりの日本語が出てきます。小さい子供は、年齢が小さければ小さいほど取得が早いものです。しかし、使わないでいると、忘れるのも早いのです。冬休みに入ってから家での日本語がだいぶ出てくるようになりましたが、冬休みの課題をする時にはどうしても英語がぽつぽつと出てきてしまいます。なまりが出る前に、できるだけ沢山日本語の会話をいなくてはいけませんね。

ワーク

バイリンガルな子育てのポイント

子供に言語を教えるときに、どのようにして教えるのが良いのでしょうか?

日本で育っている子供たちが日本語を学ぶ時、お母さんは教科書など使いません。ただ、毎日の生活の中で子供と関わりながら、普通に日本語で話しかけたり、会話をすることで子供は言語を学んでいきます。つまり、子供には言語を習得する才能があり、特別教えなくても、その言語で沢山話しかけることで言語を学ぶのです。

そして次にできることは、絵本の読み聞かせです。年齢が小さなうちは、短いシンプルな文章で、長すぎない絵本がおすすめです。子供の興味をひくために指をさしたり、語りかけながら絵本を読むのも良いでしょう。こうして何度も絵本を読むうちに、気づくと子供はそれぞれのページの言葉を覚え、絵を見るだけでストーリーをいえるようになります。こうして、耳から聞いて習得した言語を、口から言葉として出すことで使いこなしていくのです。

海外で暮らす中、小さい時は日本語が上手でも、学校に行くようになると英語が強くなってしまい、日本語の維持が難しくなります。ここで押さえておきたいポイントは、学校に行くようになる前に沢山日本語を話して、土台を作っておく、ということなのです。ある程度の言語の土台ができていれば、あとから他の言語が入ってきても完全に忘れることはなく、少しの努力で日本語を維持することができます。

6歳のおにいちゃんは今は学校に行っているのでどうしても家でも英語が強くなってしまっていますが、それでも3歳ころまではほとんど日本語だったので、何とか頑張ってひらがなが読めるようになりました。下の娘の方は、私は日本語で話しかけるのですが、お兄ちゃんが英語で話しかけているので日本語よりも英語が強いです。日本語は言葉を知っているのですが、しゃべる時の文法が英語になってしまいます。お兄ちゃんの時は逆で、英語の単語がわかっても、文法が日本語のままでした。お兄ちゃんの学校が始まってからは娘とふたりの時間が増えるので、今のうちにたくさん日本語を話しておこうと思います。

untitled

言語は記号

バイリンガル教育を進める中で、難しいのがやはり日本語の維持となっています。

日本で生活をしてバイリンガルを目指す場合には、日本語は大丈夫でも英語を頑張る必要があります。そして、英語圏に住んで日本語とのバイリンガルを目指す場合には、どうしても日本語をキープするのが難しくなってくるのです。お兄ちゃんも、小さかった時には私との時間が多かったので英語よりも日本語の方が上手だったこともあるのですが、学校に行くようになってからは私との時間も減り、またプレイデートをしてお友達と遊ぶと日本語を使うのは朝学校に行く前と夜だけになってしまいます。

そうこうしている中で、バイリンガル教育について調べてみました。そこで見つけたのが、「言語は記号である」ということです。子供は、お母さんから発信される言語を「記号」としてとらえており、いつも日本語で話しかけてくるお母さんには「日本語」で返事をします。そして、いつも英語で話しかけてくるお父さんには、「英語」で返事をします。しかしこれが、一人の人から2言語が発信されると子供は混乱し、「言語の記号」の使い分けが難しくなってしまうのです。例えば、お母さんが子供に家で話しかけるときは日本語だけど、外出先では英語で話しかけた場合。お母さんから発信される「記号」が場所によって変わることになります。

つまり、一人の人から2つの記号が発信されるとういことなのです。これが言語の混乱にもつながるそうで、この混乱がバイリンガル教育の行き詰まりにもつながるそうなのです。確かにうちも、家や子供とふたりの時には日本語で話しかけていますが、学校や友達が着ている時には周りにわからないと失礼だと思い、英語を話していました。これがお兄ちゃんの日本語が減ってきている原因のひとつのような気がします。かといって、日本語がわからない人の前で日本語を話すのは何となく悪いような気がして、どうしたら良いのか迷うところです。

ひらがなパズル

もりのかくれんぼう

昔、私が子供だった頃に好きな絵本がありました。

絵本のタイトルは「森のかくれんぼう」。

もりのかくれんぼう

街中で、かくれんぼうをして遊んでいる間に不思議な森の中に迷い込み、“かくれんぼう”に出会うお話です。絵の中にはその“かくれんぼう”が隠れていて、妹と一緒に読みながらかくれんぼう探しを楽しみました。自分が好きだった絵本を自分の子供にも読んであげたくて、実家から森のかくれんぼうを送ってもらいました。次に日本に行った時まで待っても良かったのですが、ちょうど他にも送ってもらうものがあったのと、ちょうど電話で話したところ絵本もすぐに見つかったというので、一緒に送ってもらうことができました。

海外に住みながら日本語を維持するためには、意識をして日本語を使う時間や触れ合う機会を作らなくてはいけません。そのためには、日本語の絵本はとても良い素材なのです。ストーリーを楽しみながら、普段の生活の中だけでは聞くことのない言葉も耳にすることができます。そして、何度も聞くことで、その言葉の意味をさらによく理解して、自分でも使いこなすことができるようになるのです。

絵本は、子供たちにたくさんのことを教えてくれます。ストーリーを聞いてわくわくしたり、楽しい気持ちになったり、新しい言葉を覚えたり、物事のルールなども絵本から学ぶこともできます。絵を見て、アートを楽しむこともできます。そして、我が家では、私が読んであげる英語は日本語のものだけと決めています。少しでも日本語に触れて、日本語を維持してもえらいたいので。いつか子供たちが私なしで日本に旅行した時に、日本で問題なく日本語を使うことができるようになるくらい、日本語を維持させてあげたいです。

しまじろうと日本語

海外での生活となると、どんなに頑張って子供たちに日本語で話しかけても、どうしても子供たちの言語は英語に傾いてしまいます。会話はともかくとしても、ひらがなやカタカナの読み書きは、本腰を入れて教えなければ、ひらがなを目にする機会もほとんどないので、日本語の読み書きはできずに終わってしまいます。

そんな事態を避けるために、我が家では息子が小さい時からしまじろうのお世話になっています。お兄ちゃんがしまじろうを始めたのは1歳の時。当時はテレビにはほとんど興味のない息子だったのですが、しまじろうのサンプルDVDを見せたら釘づけ。当時は日本語のことはそこまでまだ考えていなかったのですが、そんなに好きならやってみようということから始めました。おかげで、今では多少のひらがなはわかる程度になりました。

日本で暮らしている子たちに比べたら遅れているとは思うのですが、最低限ひらがなとカタカナの読み書き、そして多少の漢字を教えていくことができたらと思っています。できればしまじろうで毎月届くワーク真剣にやってあげたいのですが、学校から帰ってきて、宿題を済ませて、あとは夕食の時間までちょっと遊んで、夕食を食べてお風呂に入ったらもう寝る時間。しまじろうは好きでも、最近はなかなか日本語を教えるための時間をとることができないのが現状だったりもします。お兄ちゃんの年齢は日本で言うと年長さんです。

そして、来年には1年生。今から小学生講座の案内が届いていますが、どういったコースで進めていくか、考え中です。1歳の妹は、お兄ちゃんが使っていたしまじろうの絵本やおもちゃを大事にとっておいたので、今はそれを楽しんでいます。まだ言葉を話し始めたばかりなのでこれからどう日本語が出てくるかわかりませんが、できるだけ沢山日本語の絵本を読んであげたいと思います。

しまじろう

お母さんの話す言語

早期教育なんかの情報を見ていると、子供ができるだけ小さいうちから沢山の言語を聞かせて育てましょう。

そうすることで多言語を話す子供に育つ、というのを見かけたことがあります。中には、妊娠したら多言語のCDや歌を聞かせてあげましょう、という情報も目にしたものがあります。しかし、実際に子供を産んで育てている経験を通して感じるのは、妊娠中に多言語のCDを聞かせてあげたことで、その後子供の言語発達に直接関係するか?というと、実際そうでもないような気がするのです。

ただし、妊娠中から子供のことを考えて話しかけてあげる、という行為は、自分自身がお母さんになるための心の準備をするためにも大切なことだと思います。ここで多言語の言葉を聞かせるというのは、おそらく子供の言語発達のため、というよりは、お母さんがそれを聞くことで、子供に多言語を教えたいという気持ちを高めたり、お母さん自身がそのCDなどを聞きながら言語を習得する、ということにつながるのだと思います。

子供っていうのは、本当に親のことをよく見ています。そして、子育てをしながら気づいたことは、子供の第一言語は、お母さんが話す言語を第一言語として修得していくのです。
我が家では、英語圏に住んではいるものの、私の母国語である日本語も習得してほしいので、子供たちには日本語で話しかけています。しかし、子供がプリスクールに入った時に、お母さんが英語で話しかけてあげることで、お子さんの英語力が伸びますよ、と言われたことがあります。確かにその後英語を少し話してみたら、子供の英語力はのびました、が、日本語が衰えました。バイリンガルとして育つ子供でも、両方の言語を使いこなす、というのは、実は容易ではないことなのかもしれませんね。

wale puzzle

バイリンガル教育をはじめる時期

バイリンガル教育。バイリンガル教育をするなら子供の年齢が低いころから!というのをよく耳にします。中には、妊娠しているころからおなかの赤ちゃんに英語の歌を聞かせたりすると良い、といった話も聞いたことがあります。

では、バイリンガル教育は、いつから始めるのが良いのでしょうか?

小さな子供が持つ原語習得能力は、うらやましいくらい優れています。0歳の赤ちゃんも、言葉は話さないものの、お母さんが話す言葉をしっかりと聞いています。そしていつの間にかお母さんが言っている言葉の意味がわかるようになり、そしてその言葉が子供の口から出てくるようになるのです。

つまり、バイリンガル教育を始める時期は、子供の年齢が低ければ低いほど良いのです。経験上、ベストな年齢をいうと、言葉が出始める1歳前後が子供の言語習得能力が非常に高くなっています。

海外でふたりの子供を育てながら、現在は現地の保育園でケアギバー(保育士)として働いています。そんな中で、現地の保育園にいる子供に日本語を話してあげることがあるのですが、1歳前後の子供は本当に言語に敏感で、日本語で子供に接するだけであっという間に新しい言語を覚えてしまうのです。

特別日本語を教える、といったことはしていないのですが、日々の生活で日本語で話しかけてあげることで、自然と日本語という言語を身に着けることができるのです。

1歳前後の子供は、本当に天才です。言語はもちろんのこと、それ以外にも様々なことを周りの環境から学んでいるのです。お母さんのちょっとした口癖をいつの間にか子供がいうようになったり、トイレや着替えも、お母さんをはじめ、家族がやっているのを見て真似しながらどんどん新しいことを学んでいくのです。

バイリンガル教育を考えるのであれば、まずは英語と日本語に自然と触れ合う環境作りを考えてみましょう。

abcpuzzle